スポンサーリンク

竹田城跡

竹田城城跡
竹田城

兵庫県朝来市にあった城。
虎臥城、安井ノ城とも呼ばれる。雲海に浮かぶ城の姿は天空の城として人気を集めている。

歴史・概略

  • 築城:永享3年(1431年)?
  • 廃城:慶長5年(1600年)
  • 築城主:山名宗全?
  • 構造:山城・梯郭式
  • 主な城主:太田垣氏、羽柴秀長、桑山重晴、赤松広秀
  • 日本100名城
  • 永享3年(1431年)、中国地方の有力大名・山名宗全によって築城されたと伝わる。
  • 天正5年(1577年)、織田軍の中国方面軍として羽柴秀吉らが毛利勢力下の但馬へ侵攻、毛利方の竹田城は羽柴秀長の攻撃を受け落城。
  • 天正8年(1580年)、桑山重晴が城主となったが、後に和歌山に転封となった。後には赤松広秀(斎村政広)が城主となった。
  • 慶長5年(1600年)、関ケ原の戦い」において城主の広秀が西軍に与して田辺城攻めに加わった。その後、関ケ原において西軍が敗北し切腹、竹田城は廃城となった。

施設データ

地図
住所:兵庫県朝来市和田山町竹田古城山

周辺の史跡を探す
主な施設
石垣・堀・井戸
利用時間
【3月~ 5月】
 8:00~18:00

【6月~ 8月】
 6:00~18:00

【9月~11月】
 4:00~17:00

【12月~1月】
 10:00~14:00
定休日
1月4日~2月末
料金
大人500円・中学生以下無料
交通
【電車】
・JR「竹田」駅

【マイカー】
・播但連絡道路「和田山IC」から約3K
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました