スポンサーリンク

山名宗全旧蹟

山名宗全旧蹟 京都
山名宗全旧蹟

室町時代最大の戦乱のひとつ「応仁の乱」で西軍の総大将となった山名宗全の邸宅があった場所。

歴史・概略

  • 元は室町幕府管領畠山氏の後継争いであったが、山名宗全の政権内の地位向上や、さらには足利将軍家の後継争いなども絡んで、後に「応仁の乱」と呼ばれる戦乱に拡大した。
  • 東軍の細川勝元は細川邸と将軍の御所である「花の御所」を中心に陣を置き、西軍の山名宗全は山名邸に陣を置いた。東軍、西軍の呼び分け方はこのときの両軍の位置関係によるもの。
  • この周辺一帯が西陣と呼ばれる理由は、山名氏の邸宅を中心に西軍の陣地が置かれたためである。
  • 戦いは約10年間に渡って続き、西軍が陣を置いた山名邸や東軍が陣を置いた「花の御所」などは焼失、それ以外にも多くの建物が被害を受け、京都の街は荒廃していった。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区堀川通上立売下る一筋目西入る
山名宗全旧蹟

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「今出川」駅から約1Km

【バス】
・市バス「堀川上立売」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約9Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました