スポンサーリンク

大和郡山城

大和郡山城 古戦場
大和郡山城

奈良県大和郡山市にあった城。雁陣之城とも呼ばれ、江戸時代には郡山藩の藩庁が置かれた。
豊臣政権のNo2であった豊臣秀長の居城として知られる。

  • 築城:応保2年(1162年)
  • 廃城:明治6年(1873年)
  • 築城主:郡山衆
  • 構造:平山城・輪郭式
  • 主な城主:筒井順慶、豊臣秀長、増田長盛、本多氏、柳沢氏
  • 応保2年(1162年)、郡山衆により築城。当時は盛土と柵程度のものであったとされる。
  • 永正3年(1506年)、赤沢朝経が大和国に侵攻し落城。
  • 天正8年(1580年)、筒井順慶が郡山城に移る。
  • 天正11年(1583年)、数年に渡る大規模工事で近世城郭に生まれ変わる。
  • 天正13年(1585年)、豊臣秀長が郡山城に入城。
  • 文禄4年(1595年)、増田長盛が郡山城に入城。
  • 元和元年(1615年)、大坂夏の陣」において豊臣軍の攻撃を受ける。

施設データ

地図
住所:奈良県大和郡山市城内町
大和郡山城

周辺の史跡を探す
主な施設
石垣・堀・柳澤神社・柳澤文庫
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「郡山」駅
・近鉄「近鉄郡山」駅
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました