スポンサーリンク

徳川慶喜公屋敷跡

徳川慶喜公屋敷跡 幕末維新
徳川慶喜公屋敷跡

江戸幕府最後の将軍となった徳川慶喜が、明治維新後に過ごした屋敷跡。

歴史・概略

  • 徳川慶喜は、大政奉還の後に勃発した戊辰戦争の責任を取って「宝台院」で謹慎、明治2年にはすぐ近くにあった代官屋敷を改修し、この場所に移り住んだ。
  • その後、およそ20年を過ごした慶喜だったが、東海道線の開通に伴ってこの地を離れ、残された屋敷は料亭として開業した。ただ残された建物は火災で焼失しており、庭園に面影を残すのみとなっている。

施設データ

地図
住所:静岡県静岡市葵区紺屋町
徳川慶喜公屋敷跡

周辺の史跡を探す
主な施設
庭園・「徳川慶喜公屋敷跡」碑
利用時間
要確認
定休日
要確認
料金
要確認
交通
・JR「静岡」駅
・静岡鉄道「新静岡」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました