スポンサーリンク

八軒家浜船着場跡

八軒家浜船着場跡碑 その他遺跡

江戸時代、大阪にあった船舶の係留施設。

  • 上町台地の北端、旧淀川にあった係留施設で古くは渡辺津などとも呼ばれ瀬戸内海と内陸とを結ぶ拠点として栄えた。
  • 江戸時代には京都と大阪とを結ぶ三十石船の発着場として栄え、ここには船宿などが8軒並んでいたと言われそこから「八軒家」と呼ばれるようになった。
  • 慶応4年(1868年)の「鳥羽伏見の戦い」の際には、大阪城にいた最後の将軍・徳川慶喜が金蔵の御用金とともにここ八軒家浜から脱出して江戸へと向かっている。

施設データ

地図
住所:大阪府大阪市中央区天満橋京町
八軒家浜船着場跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・京阪「天満橋」駅
・地下鉄「天満橋」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました