スポンサーリンク

西町奉行所跡(京都)

西町奉行所跡その他遺跡
西町奉行所跡

江戸時代、京都におかれた町奉行所の跡。

歴史・概略

  • 江戸幕府が京都においた遠国奉行(おんごくぶぎょう)のひとつである京都町奉行の一機関。
  • 慶長5年(1600年)に江戸幕府の役所として京都町奉行所が置かれ、寛文8年(1668年)以降は常設となった。
    この石碑の一帯には西町奉行所がおかれており、西町奉行所の東側には東町奉行所がおかれた。
  • この東町奉行所と西町奉行所とでそれぞれ隔月で任務にあたり、司法や行政、警察、租税徴収などの業務を担当した。

見どころ・おすすめ

  • この周辺は、奉行所以外にも、二条城京都所司代などが置かれ、幕府の京都支配の中心であった。それぞれ石碑などが置かれており、なかでも二条城は江戸時代の御殿がそのまま残されている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区西ノ京北聖町

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「二条」駅から約0Km
・JR「二条」駅から約0.3Km

【バス】
・市バス「二条駅前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約7Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました