スポンサーリンク

在原業平邸跡

在原業平邸跡邸宅・住居跡
在原業平邸跡

平安時代初期の歌人で六歌仙のひとりである在原業平の屋敷跡

歴史・概略

  • 在原業平(ありわら の なりひら)平安時代初期の皇族・貴族・歌人。天長2年(825年)~元慶4年(880年)
  • 業平の父は平城天皇の皇子・阿保親王、母は桓武天皇の皇女・伊都内親王という大変高貴な家柄であった。しかし、祖父・平城天皇が起こした「薬子の変」のあおりを受け、業平の幼いころに臣籍降下して在原姓を名乗った。
  • その後は貴族のひとりとして仁明天皇文徳天皇清和天皇陽成天皇に仕え要職を務めた。
    また、歌人として六歌仙・三十六歌仙に名を連ねるほどの歌を残しており、大人気マンガ・アニメ「ちはやふる」に登場する「ちはやぶる 神代もきかず 竜田川 からくれなゐに 水くゝるとは」も業平の体表的な歌のひとつである。
  • ちなみに、平安時代に成立した歌物語「伊勢物語」の主人公のモデルは業平であるとされている。
  • 十輪寺(なりひら寺)

    業平が晩年隠棲したと伝わる十輪寺(なりひら寺)(京都府京都市)

見どころ・おすすめ

  • 周辺は、平安時代頃の里内裏跡(石碑)が点在しているので、これらをまとめて回るのがおすすめ。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区御池通間之町通

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「烏丸御池」駅から約0.2Km
・阪急電車「烏丸」駅から約0.9Km
・京阪電車「三条」駅から約1Km

【バス】
・市バス「烏丸御池」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました