スポンサーリンク

烏丸御池遺跡・平安京跡

烏丸御池遺跡・平安京跡 その他遺跡
烏丸御池遺跡・平安京跡

縄文時代から古墳時代にかけての集落跡。

歴史・概略

  • 烏丸御池遺跡は南北約600メートル、東西約800メートルの範囲に及ぶ遺跡で、付近からはさまざまな時代の住居跡や土器などが発掘されている。
  • 平安京(へいあんきょう)は、延暦13年(794年)桓武天皇(かんむてんのう)により長岡京から遷した都。当時ここは三条坊門小路にあたる場所で、付近は一等地ともいえるところであった。ちなみに今、この場所を東西に走る「御池通り」の名は神泉苑の前を通ることに由来するとされている(二条殿の庭園の池に由来するという説もある)。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区御池通烏丸

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「烏丸御池」駅から約0Km

【バス】
・市バス「烏丸御池」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」「京都東IC」から約8Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました