スポンサーリンク

小諸城址

小諸城 博物館
小諸城

長野県小諸市にあった城。
江戸時代の小諸藩藩庁。酔月城、穴城、白鶴城とも呼ばれる。

  • 築城:天文23年(1554年)
  • 廃城:不明
  • 築城主:武田信玄
  • 構造:平山城
  • 主な城主:武田氏、仙石氏、牧野氏
  • 日本100名城
  • 天文23年(1554年)、武田信玄の時代に山本勘助の縄張りによって築城されたと伝わる。
  • 天正18年(1590年)、仙石秀久が入城。
  • 寛永元年(1624年)、松平憲良が入城。
  • 慶安元年(1648年)、青山宗俊が入城。
  • 寛文2年(1662年)、酒井忠能が入城。
  • 延宝7年(1679年)、西尾忠成が入城。
  • 天和2年(1682年)、松平乗政が入城。
  • 元禄15年(1702年)、牧野康重が入城。以後明治に至るまで牧野氏が藩主を務める。

施設データ

地図
住所:長野県小諸市丁
小諸城址

周辺の史跡を探す
主な施設
大手門・三之門・天守台・石垣・空堀
利用時間
9:00~17:00
定休日
12月~3月中旬までの毎週水曜日と遊園地休園日・年末年始
料金
大人500円・小中学生200円
交通
・JR「小諸」駅
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました