スポンサーリンク

木原畷古戦場

木原畷古戦場 古戦場
木原畷古戦場

甲斐の武田信玄が晩年行った西上作戦における古戦場のひとつ。

  • 元亀3年(1572年)、武田信玄が遠江や三河など徳川領への侵攻を開始、信玄は徳川方の城を次々と落とし木原付近に布陣した。武田軍の侵攻を抑えるべく徳川軍が出陣、偵察に出ていた本多忠勝内藤信成は木原で武田軍と遭遇し戦闘となった。
    偵察隊は退却するが武田軍の追撃を受け三箇野川や一言坂で戦闘となった。しかし本多忠勝や大久保忠佐らの活躍によって徳川軍は浜松城へ撤退することができた。
  • その他、許禰神社(こねじんじゃ)境内には「関ケ原の戦い」の際に徳川家康が戦勝祈願に訪れ腰かけたとされる石がある。
  • 三方ヶ原の戦い」前後の出来事
    元亀3年(1572年)9月 武田軍が徳川領へ侵攻/10月 木原畷・三ケ野坂・一言坂の戦い/10月~12月 二俣城の戦い/10月 仏坂の戦い/12月 上村合戦/12月 三方ヶ原の戦い犀ヶ崖の戦い/元亀4年(1573年)1月~2月 野田城の戦い/2月 武田軍撤退/4月 信玄死去

施設データ

地図
住所:静岡県袋井市木原
木原畷古戦場

周辺の史跡を探す
主な施設
木原畷古戦場碑・家康公腰掛石
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「袋井」駅
・遠鉄バス「木原」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました