スポンサーリンク

西寺跡

西寺跡 寺社
西寺跡

平安京の南端、羅城門の西側にあった官寺跡。

歴史・概略

  • 平安京(へいあんきょう)は桓武天皇(かんむてんのう)によって造営された都で、その大きさは東西に4.5キロメートル、南北に5.2キロメートルの範囲に及んだ。北の大内裏より南に伸びる朱雀大路(すざくおおじ)は84メートルもの幅があったといわれ、南の端には都の正門ともいえる羅城門(らしょうもん)があった。
  • その都の守りとして羅城門の西側に建てられた寺院が西寺(さいじ)であり、朱雀大路を挟んで東側には東寺(とうじ)が建てられた。東寺は今に至るまで繁栄を続けたが、一方の西寺は鎌倉時代頃には荒廃したと考えられ、今は講堂跡と思われる土壇と金堂の礎石が残っているのみである。

見どころ・おすすめ

  • 講堂跡と思われる土壇をはっきりと見ることができる。
  • 石碑のみではあるが西寺大炊殿跡羅城門跡、また東寺も近いので一緒に回れる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市南区唐橋西寺町

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑・金堂礎石
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「西大路」駅から約0.7Km
・近鉄電車「東寺」駅から約1.5Km

【バス】
・市バス「西寺前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約4Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました