スポンサーリンク

羅城門遺跡(平安京)

羅城門遺跡京跡・宮跡
羅城門遺跡

平安京の南端に設けられた門跡。

歴史・概略

  • 平安京は延暦13年(794年)桓武天皇によって長岡京から遷都された都で、東京に遷都するまでの約1000年の間、日本の都とされた。
    大極殿公園

    長岡京大極殿跡

  • 平安京の北側の中心部(現在の丸太町千本付近)に、皇居および官庁機能を持つ大内裏が置かれた。そこから平安京の真ん中を貫くように朱雀大路が南へと伸び、その南端には京の内と外とを分ける巨大な羅城門が建てられた。
    平安京朱雀大路跡

    平安京朱雀大路跡


    都が造られた当初より、この門の両端には都の守りとして東寺西寺が築かれ、西寺は基壇を残すのみとなっているが、東寺は今も創建当時の場所に残っている。
    東寺

    東寺


    西寺跡

    西寺跡

  • 羅城とは都城を取り囲む城壁であり、羅城門とはそこに開けられた門を意味している。読みは「らじょうもん」「らせいもん」であったと考えられ、後に「らしょうもん」とも呼ばれるようになり羅生門の表記がされるようになった。

見どころ・おすすめ

  • 少し西に行くと、西寺の基壇跡が残されている。また東側には、さすがに創建当時のものというわけではないが、東寺がある。

施設データ

地図
住所:京都府京都市南区九条通千本東入る
羅城門遺跡(平安京)

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・近鉄電車「東寺」駅から約0.9Km
・JR「西大路」駅から約1.2Km

【バス】
・市バス「羅城門」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約3Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました