スポンサーリンク

平安宮内裏弘徽殿跡

平安宮内裏弘徽殿跡 京跡・宮跡
平安宮内裏弘徽殿跡

平安京大内裏の弘徽殿(こきでん)があった場所。

歴史・概略

  • 延暦13年(794年)、桓武天皇によって長岡京より遷都され、以来1000年に渡って日本の首都となった。この付近には都の中心である大内裏があり、その領域は東西1.2キロ、南北1.4キロに及んだ。大内裏内には天皇の居住区である内裏を始め、数多くの行政機関が立ち並んでいた。
  • ここは天皇や后妃、皇族たちが住む内裏の奥部分にあたる場所で、弘徽殿はそれらの建物を総称する七殿五舎のうちのひとつである。中でも最も格の高い殿舎といわれ、皇后や中宮が居住した建物である。
    <七殿五舎>
    弘徽殿承香殿・麗景殿・登華殿・貞観殿・宣耀殿・常寧殿
    飛香舎・凝花舎・昭陽舎・淑景舎・襲芳舎
  • 大内裏の建物は出火によって度々焼失し、その都度再建されてきたが、朝廷の衰えとともに次第に荒廃していった。周辺には大内裏の痕跡を示す碑が点在している。

見どころ・おすすめ

  • この周辺には大内裏にまつわる数多くの石碑が立てられているので、まとめて回るのがおすすめ。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区土屋町通出水下る東入
平安宮内裏弘徽殿跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「二条」駅から約1.3Km
・地下鉄「二条」駅から約1.3Km

【バス】
・市バス「千本出水」「千本丸太町」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました