スポンサーリンク

首洗い池

首洗い池 古戦場
首洗い池

長篠の戦い(設楽ヶ原の戦い)」の際、この池の水で戦死者の首や武具の血を洗ったと伝わる。

  • 天正3年(1575年)、三河支配を狙う武田勝頼が約1万5千の兵を率いて長篠城を包囲した。長篠を領する徳川家康は同盟を結ぶ織田信長に援軍を頼み約3万8千の兵を率いて長篠に出陣、長篠城東側の設楽ヶ原で両軍は対峙した。
  • 天正3年5月21日(1575年6月29日)、両軍が激突。織田・徳川軍は土塁と馬防柵を構築し、3千丁もの鉄砲で向かってくる武田軍を圧倒、武田軍は多くの重臣たちを失い敗走した。
  • この戦いによって両軍合わせて1万人以上の犠牲者を出したと言われる。

施設データ

地図
住所:愛知県新城市竹広
首洗い池

周辺の史跡を探す
主な施設
首洗い池
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「三河東郷」駅
・駐車場あり

コメント

  1. まったくのただの池。釣り堀かと思ったよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました