スポンサーリンク

桑名城

桑名城 三重
桑名城

三重県桑名市にあった城。江戸時代の桑名藩藩庁。他に扇城、旭城とも呼ばれる。

  • 築城:慶長6年(1601年)
  • 廃城:明治6年(1873年)
  • 築城主:本多忠勝
  • 構造:梯郭式・平城
  • 主な城主:本多氏・久松松平氏・奥平松平氏
  • 永正10年(1513年)、伊勢の豪族・伊藤武左衛門が城館を築いたのが始まりとされる。
  • 慶長6年(1601年)、関ケ原の戦い」の後徳川家の重臣・本多忠勝が入封、この地に築城を開始した。
  • 元和3年(1617年)、松平(久松)定勝が入封。
  • 宝永7年(1710年)、松平(奥平)忠雅が入封。
  • 文政6年(1823年)、松平(久松)定永が入封。

施設データ

地図
住所:三重県桑名市吉之丸
桑名城

周辺の史跡を探す
主な施設
蟠龍櫓(復元)・石垣・堀
利用時間
9:30 ~ 15:00
定休日
月曜日(祝日の場合、翌日)・年末年始
料金
無料
交通
【電車】
・JR「桑名」駅
・近鉄電車「桑名」駅
・三岐鉄道「西桑名」駅

【バス】
・三重交通「立教小学校前」「神明社前」「三之丸」バス停

【マイカー】
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました