スポンサーリンク

史跡高瀬川一之船入

高瀬川一之船入その他遺跡
高瀬川一之船入

江戸初期から大正時代にかけて利用された京都中心部木屋町を流れる高瀬川の船入跡

歴史・概略

  • 高瀬川は江戸時代初期、京都の豪商・角倉了以(すみのくらりょうい)素庵(そあん)父子によって物流のため開削された運河で、京都中心部から伏見を結んだ。水深が浅いため行き来に底の平らな高瀬舟を使用したことから高瀬川と名付けられている。
  • 船入とは荷物の積み下ろしや船の方向転換を行う場所で、二条から四条の間に9か所設けられたが、現在この一之船入を除くすべてが埋め立てられている。

見どころ・おすすめ

  • 高瀬川の流れの中には、高瀬舟で荷物を運んでいた往時の様子が再現されている。
  • この北側に角倉了以の屋敷跡(現・日本銀行京都支店)とその正面には別邸跡(現・がんこ寿司)がある。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区木屋町通二条下る

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑・高瀬舟
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「京都市役所前」駅から約0.3Km
・京阪電車「三条」駅から約0.5Km

【バス】
・市バス「河原町二条」「川端二条」「京都市役所前」「河原町御池」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「京都東IC」から約7Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました