スポンサーリンク

戸ノ口原古戦場跡

戸ノ口原古戦場跡 古戦場
戸ノ口原古戦場跡

戊辰戦争の中の一局面である会津戦争において行われた戦闘地のひとつ。

歴史・概略

  • 大政奉還による主導権争いが活発化する中、旧幕府軍と新政府軍の衝突によって戊辰戦争が勃発する。
    新政府軍は会津の境界である母成峠を突破、会津藩は城下への侵入を防ぐため進軍路にあたる十六橋を落とそうと計画した。しかしこれに手間取って失敗し戸ノ口へと退却、白虎隊はこれに援軍として加わって戦ったが、孤立無援となって後退し飯盛山で自決した。
  • 戊辰戦争・おもな戦闘
    <慶応4年/明治元年(1868年)>
     1月 3日(1月27日) 鳥羽・伏見の戦い(戊辰戦争勃発)
     3月 6日(3月29日) 甲州勝沼の戦い
     4月11日(5月 3日) 江戸開城
     4月19日(5月11日) 宇都宮城の戦い
    閏4月 3日(5月24日) 船橋の戦い
    閏4月20日(6月10日) 会津戦争
     5月 2日(6月21日) 北越戦争
     5月15日(7月 4日) 上野戦争
     7月11日(8月28日) 秋田戦争
    10月21日(12月4日) 箱館戦争
    <明治2年(1869年)>
     5月18日(6月27日) 函館戦争終結(戊辰戦争の終結)

見どころ・おすすめ

  • このすぐ東側には会津藩の防衛ラインのひとつである十六橋、西側には白虎隊最期の地となった飯盛山がある。

施設データ

地図
住所:福島県会津若松市河東町八田大野原
戸ノ口原古戦場跡

周辺の史跡を探す
主な施設
慰霊碑
利用時間
無料
定休日
無休
料金
無料
交通
【バス】
・会津バス「戸の口原」バス停

【マイカー】
・磐越自動車道「磐梯河東IC」から約7Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました