スポンサーリンク

淀古城址・戊辰戦争砲弾貫通跡

淀古城址・戊辰戦争砲弾貫通跡碑 京都
淀古城址・戊辰戦争砲弾貫通跡碑

京都府京都市にあった城。豊臣秀吉時代の淀城跡。

歴史・概略

  • 築城:室町時代中期
  • 廃城:文禄4年(1595年)
  • 築城主:畠山政長
  • 構造:平城
  • 主な城主:薬師寺元一・細川氏綱・三好義継・木村重茲
  • 京都に近く、桂川、宇治川、木津川が合流する天然の要害に築城された城で、室町時代中頃に畠山氏によって築城されたとされる。
  • 秀吉の時代には側室の茶々が鶴松を産む際に与えられ、そこから「淀君」と呼ばれるようになった。しかし秀吉の甥である秀次切腹の際、家老で淀城主であった木村重茲も裁かれ廃城となった。
  • 旧幕府軍と新政府軍との間で発生した「鳥羽伏見の戦い」では、妙教寺付近が戦場となり、砲弾や砲弾が貫通した跡などが残っている。

見どころ・おすすめ

  • 少し南に行くと、江戸時代に建てられた淀城跡がある。
  • この付近は鳥羽伏見の戦いの際に戦場となったため、周辺には戦場跡を示す碑が点在する。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区納所北城堀
淀古城址・戊辰戦争砲弾貫通跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑・戊辰戦争砲弾貫通跡
利用時間
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪電車「淀」駅から約0.6Km

【バス】
・京阪バス/市バス「納所町」バス停

【マイカー】
・名神高速「大山崎IC」から約3Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました