スポンサーリンク

和田惟政供養塔

和田惟政供養塔 古戦場
和田惟政供養塔

摂津高槻城城主・和田惟政(わだ・これまさ)の供養塔。

歴史・概略

  • 和田惟政は織田信長足利義昭に仕え摂津に所領を与えられた武将で、元亀2年(1571年)8月28日、白井河原一帯で起こった「白井河原の戦い」により戦死している。
  • 「白井河原の戦い」はそれまで池田氏に仕えていた荒木村重中川清秀と和田惟政、茨木城城主・茨木重朝との間に起った戦いで荒木・中川連合軍は白井河原の西、馬塚に布陣、茨木・和田連合軍は白井河原の東、糠塚に布陣し対峙した。茨木・和田連合軍の陣形が整う前に戦端が開かれ、惟政は清秀によって討ち取られ重朝も村重本陣に迫る奮戦を見せたが村重により討ち取られた。
  • この後惟政の子・惟長が高槻城主となったが高山友照・右近親子と対立し追放されている。

見どころ・おすすめ

  • 周辺には白井河原の戦いに関連する史跡が残されているので、まとめて回るといい。

施設データ

地図
住所:大阪府茨木市五日市
和田惟政供養塔

周辺の史跡を探す
主な施設
供養塔
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【バス】
・阪急バス「郡」バス停

【マイカー】
・名神高速「茨木IC」から約1.6Km

コメント

  1. 供養塔の影も形もありません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました