スポンサーリンク

金ヶ崎城址

金ヶ崎古戦場碑 古戦場
金ヶ崎古戦場碑

福井県敦賀市にあった城で、南北朝の戦乱、あるいは織田信長の「金ヶ崎の退き口」と呼ばれる撤退戦の舞台として知られる。

歴史・概略

  • 読み:かながさきじょう・かねがさきじょう
  • 築城:平安時代末期
  • 廃城:
  • 築城主:平通盛
  • 構造:山城
  • 主な城主:気比氏・甲斐氏・朝倉氏
  • 平安時代末期、治承・寿永の乱(源平合戦)」において北陸の巨大勢力となった木曾義仲に対するため、平通盛(たいら・みちもり)が築いたのが始まりとされる。
  • 南北朝の時代には「湊川の戦い」に敗れた南朝方の新田義貞(にった・よしさだ)らが、後醍醐天皇の皇子らを伴って入城した。しかし北朝方の斯波高経(しば・たかつね)高師泰(こう・もろやす)らに攻められ落城、尊良親王(たかよししんのう)や新田義貞嫡男の新田義顕(にった・よしあき)らは城に火を放って自害、恒良親王(つねよししんのう)は捕縛された。

  • 花山院邸跡

    恒良親王が幽閉された花山院邸跡(京都府京都市)

  • 戦国時代、織田信長は対立していた越前朝倉氏の領国へと侵攻、金ヶ崎城を攻め落とした。しかし義理の弟である浅井長政の裏切りによって、朝倉軍と挟み撃ちにされる危機に陥った。信長はすぐさま金ヶ崎城をあとにし、わずかの供だけで朽木谷を越えなんとか京都への脱出に成功した。
    このとき木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が殿軍に名乗りを上げ、徳川家康とともに殿軍を引き受けたとされる。ただ、実際には殿軍の主力は明智光秀の軍であり、秀吉の天下となった際に秀吉の手柄に書き換えられたとも言われる。
    この「金ヶ崎の戦い」における撤退戦は「金ヶ崎の退き口(のきぐち)」、または「金ヶ崎崩れ」とも呼ばれ、信長の大きな危機のひとつに数えられる。

  • 小谷城

    浅井長政の本拠・小谷城(滋賀県長浜市)

見どころ・おすすめ

  • 月見御殿-金ヶ崎城の最高所。本丸跡。敦賀湾の眺めがいい。
  • 木戸跡-南北朝の戦いで激戦があったとみられる場所。
  • 金崎宮-北朝軍に責められ自害・捕縛された恒良親王と尊良親王を祭神とする神社。
  • 尊良親王陵墓見込地-北朝軍に責められ自害した後醍醐天皇の皇子・尊良親王最期の地とされる場所。

施設データ

地図
住所:福井県敦賀市金ケ崎町
金ヶ崎城址

周辺の史跡を探す
主な施設
金ヶ崎城址・金崎古戦場碑・尊良親王陵墓見込地・金崎宮
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「敦賀」駅から約3Km

【バス】
・敦賀市コミュニティ「赤レンガ倉庫前」「金崎宮」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約3Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました