スポンサーリンク

中井正五郎殉難地

事件

慶応3年12月7日(1868年1月1日)に起こった天満屋事件の現場となった京都の旅籠・天満屋があった場所。この戦闘で犠牲となった中井正五郎の碑が立つ。

歴史・概略

  • この事件の発端となったのは11月15日に発生した坂本龍馬中岡慎太郎両名が暗殺された近江屋事件で、陸奥宗光(後の外務大臣)は紀州藩の犯行であると耳にする。
    宗光は敵討ちのため海援隊・陸援隊隊士や十津川郷士の中井庄五郎らとともに、紀州藩士・三浦休太郎やその護衛として新選組数名(斎藤一など)が潜む天満屋を襲撃、戦闘となった。
  • この戦闘によって襲撃した側と新選組隊士側の双方に死傷者を出したが、襲われた三浦は傷を負ったものの命は助かった。

施設データ

地図
住所:京都府京都市下京区油小路通旧花屋町下る
中井正五郎殉難地

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「京都」駅
・地下鉄「京都」駅
・近鉄電車「京都」駅

【バス】
・市バス「七条堀川」「西本願寺前」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました