スポンサーリンク

大阪の陣 幸村・家康本陣

茶臼山 古墳
大阪の陣 徳川家康・真田幸村本陣

大阪市にある古墳。徳川と豊臣の最終決戦である「大阪の陣」の際には重要な拠点となった。

歴史・概略

  • 天王寺公園内にある前方後円墳で、長さは約200メートル、5世紀頃に築造されたとみられ、この地を治めた豪族の墓とされる。
  • 慶長19年(1614年)に起こった「大坂冬の陣」において、徳川家康が本陣を置いたことで知られる。
  • 翌慶長20年(1615年)に起こった「大坂夏の陣」では、堀の埋め立てにより裸城となった大阪城を守るため、逆に豊臣方であった真田幸村が陣を置いた。ここを出撃した幸村は、南から迫る家康の本陣へと突っ込み、家康を切腹寸前まで追い詰めたとされる。

見どころ・おすすめ

  • この北側に真田幸村最後の地とされる安居神社や、この戦いで戦死した本多忠朝の墓(一心寺)がある。

施設データ

地図
住所:大阪府大阪市天王寺区茶臼山町
大阪の陣 幸村・家康本陣

周辺の史跡を探す
主な施設
「徳川家康本陣跡 真田幸村本陣跡」碑
利用時間
7:00 ~ 22:00
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「天王寺」駅から約0.7Km
・地下鉄「天王寺」駅から約0.7Km
・近鉄電車「大阪阿部野橋」駅から約0.9Km
・阪堺電車「恵美須町」駅から約0.9Km

【バス】
・大阪シティバス「天王寺西門前」バス停
・近鉄バス「下寺町二丁目[和空下寺町前]」バス停

【マイカー】
・阪神高速「阿倍野IC」から約1Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました