スポンサーリンク

文三堂(石橋山の戦い)

文三堂 古戦場
文三堂

文三堂は石橋山合戦の際に平家方と戦って命を落とした文三家康を祀る

歴史・概略

  • 治承4年(1180年)、罪人として伊豆に配流の身となった源頼朝が平家追討の兵を挙げ、相模国石橋山で平家方の大庭景親伊東祐親らとの間に戦闘が起こった。
    頼朝方として佐奈田与一(さなだ・よいち)とその家臣・文三(豊三)家康(ぶんぞう・いえやす)も参戦し、佐奈田与一は「ねじり畑」付近で討ち取られた。家臣の家康は主人の与一が討ち取られた後、敵陣に切り込んで8人の敵を討ち取り戦死したと言われる。

  • 与一塚

    与一塚(神奈川県小田原市)

  • 「石橋山の戦い」前後のおもな出来事
    <治承4年>
    4月 9日 以仁王(もちひとおう)が平家討伐の令旨を下す
    5月26日 宇治平等院の戦い
    8月17日 山木館襲撃
    8月23日 石橋山の戦い
    8月25日 波志田山合戦
    8月26日 衣笠城合戦
    10月20日 富士川の戦い

施設データ

地図
住所:神奈川県小田原市米神
文三堂(石橋山の戦い)

周辺の史跡を探す
主な施設
文三堂
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「早川」「根府川」駅

【バス】
・箱根登山バス「石橋」バス停

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました