スポンサーリンク

しとどの窟(湯河原)

しとどの窟 古戦場
しとどの窟

治承4年(1180年)に起きた「石橋山の戦い」で平家軍に敗れた源頼朝が、追撃から逃れるため隠れ潜んだといわれる洞窟。

  • 平治の乱の後、平清盛によって伊豆へと流されていた頼朝が平家追討と源氏再興の願いを込め挙兵、石橋山で平家軍に大敗を喫する。わずか数名で逃れてきた頼朝は、湯河原を本拠としていた土肥実平らの案内で洞窟などに隠れ追手をかわしたという。いま「土肥椙山巌窟」と呼ばれる岩窟は信仰の対象となっており、そこに至る道中はもちろん岩窟の中にも数多くの石仏や石塔などが並べられている。
  • その後頼朝は真鶴にある「しとどの窟」(こちらも同じ名で呼ばれるが、いくつか同じような洞窟などを転々としたのだろうとの見解)に潜んだ後、房総半島へと逃れた。
  • 「石橋山の戦い」前後のおもな出来事
    <治承4年>
    4月 9日 以仁王が平家討伐の令旨を下す
    5月26日 宇治平等院の戦い
    8月17日 山木館襲撃
    8月23日 石橋山の戦い
    8月25日 波志田山合戦
    8月26日 衣笠城合戦
    10月20日 富士川の戦い

施設データ

地図
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋
しとどの窟(湯河原)

周辺の史跡を探す
主な施設
石仏群
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【マイカー】
・国道135号から約13Km
・駐車場あり

コメント

  1. 行った後に知りましたが、有名な心霊スポットだったようです。明るい昼間に行ったのであまり感じませんでしたが、確かに山奥で走る車もなく歩く人もいない。夕方の薄暗い光ならちょっと不気味かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました