スポンサーリンク

山中城跡

山中城跡 古戦場
山中城跡

静岡県三島市にあった城。

歴史・概略

戦国時代後期、小田原に本拠をおく北条氏康によって小田原城の西の防御を固めるための拠点として築城された山城。もともとは国境を接する武田氏、上杉氏に対する備えであった。
豊臣秀吉による小田原攻めの際、城を守る兵力の約17倍という圧倒的な兵力差で城を取り囲まれ、わずか半日で落城したと言われる。その後、北条氏の滅亡とともに廃城となったが、城の縄張りや、堀や土塁の構築法など北条流の独特な築城術によって築かれた遺構がそのまま残っているという。

  • 築城:永禄年間(1558年~1570年)
  • 廃城:天正18年(1590年)
  • 築城主:北条氏康
  • 構造:山城
  • 主な城主:松田氏
  • 日本100名城
  • おもな出来事
    1560年前後 北条氏により築城
    1589年   小田原攻めに備えて改修
    1590年   小田原攻めにより落城
    1590年   廃城

見どころ・おすすめ

  • 小田原攻めで廃城になった後、利用もされず放置されていたので当時そのままの状態が保存されている。案内が豊富でかなり整備もされていて、とても見やすい。特に障子堀の独特な景観はこれだけでも訪れる価値あり。
  • 西側の眺望がすばらしい。富士山もどーんと見える。

施設データ

地図
住所:静岡県三島市山中新田
山中城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
本丸・二の丸・西の丸・三の丸・御馬場曲輪・岱崎出丸・すりばち曲輪・武将の墓(松田康長・間宮康俊・一柳直末ほか)
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「三島」駅から約10Km

【バス】
・沼津登山東海バス「山中城跡」バス停

【マイカー】
・東名高速「沼津IC」から約18Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました