スポンサーリンク

聚楽城上杉景勝屋敷跡・細川勝久屋敷跡

聚楽城上杉景勝屋敷跡・細川勝久屋敷跡 京都
聚楽城上杉景勝屋敷跡・細川勝久屋敷跡

応仁の乱」における有力武将のひとり細川勝久の屋敷跡、および豊臣秀吉が京都に築いた聚楽第上杉景勝が置いた屋敷跡とされる。

歴史・概略

  • 細川勝久は室町幕府三管領である細川氏一門の出身で、「応仁の乱」では本家の細川勝元の下で東軍として戦った。この場所は堀川西側の西軍陣地内に当たり東軍から孤立していたため、西軍の攻撃を受けて屋敷は焼失した。
  • それからおよそ120年後、豊臣秀吉は関白の政務を行う場として聚楽第を築城、付近一帯には大名屋敷が配置された。ここは五大老の一人である上杉景勝の屋敷跡で、景勝の官職名から「弾正町」の町の名が残る。
  • ただ、景勝邸ではなく浅野長政(弾正少弼)邸であったとする説もある。

見どころ・おすすめ

  • やや離れるがこの北側には応仁の乱勃発地(上御霊神社)や相国寺、室町第跡百々橋の礎石山名宗全邸跡など応仁の乱に関連する史跡が多数存在している。
  • 現在、目に見える聚楽第の遺構はほとんど残っていないが、周辺には聚楽第跡や武家屋敷跡などがかなり広範囲に存在し石碑も立てられているので、これらを巡ってみるのがおすすめ。
  • 大名に関する名前が町名に残っている場所も多く、これらを辿るのも面白い。

関連動画

豊臣秀吉幻の聚楽第 大名屋敷跡を巡る
京都中心部にあった豊臣秀吉の居城・聚楽第 周辺にある大名屋敷跡の石碑を巡ってみた #豊臣秀吉 #聚楽第 #京都
豊臣秀吉幻の城!聚楽第跡地
豊臣秀吉が京都に建てた幻の聚楽第の痕跡を辿る ・本丸東濠跡 ・本丸西濠跡 ・石垣発掘の地 ・鵲橋旧蹟 ・南外濠跡 #豊臣秀吉 #聚楽第 #京都

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区一条通黒門通上る
聚楽城上杉景勝屋敷跡・細川勝久屋敷跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「今出川」駅から約1.1Km

【バス】
・市バス「一条戻橋・晴明神社前」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約9Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました