スポンサーリンク

伏見長州藩邸跡

伏見長州藩邸跡碑 京都
伏見長州藩邸跡碑

江戸時代、長州藩が京都伏見に置いた藩邸跡。

歴史・概略

  • 伏見の町は、豊臣秀吉が築城した伏見城の城下町が形成されて以降、京都の中心部と大阪とを結ぶ物流の要衝として栄え、多くの藩がここに藩邸を置いて拠点とした。
    そして、ここにある長州藩邸は江戸時代中期頃、移転してきたものと考えられている。
  • 元治元年7月19日(1864年8月20日)、「八月十八日の政変」によって京都から追放されていた長州藩が、政局への復帰を目指して巻き返しを図った事件「禁門の変」が起こる。
    このとき、家老の福原越後は当藩邸から御所へ向け進軍した。長州藩は御所で会津藩や桑名藩、薩摩藩などと交戦し撤退、福原は再び藩邸へと戻った。その後幕府側は藩邸を攻撃、藩邸は焼失した。
  • この結果、幕府は長州藩を朝敵と見做し第一次長州征討を決行、それにより福原ら家老の切腹、他は追放などの処罰が下った。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区表町
伏見長州藩邸跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・京阪「中書島」「伏見桃山」駅
・近鉄「桃山御陵前」駅
・JR「桃山」駅

【バス】
・市バス「京橋」「中書島」バス停
・京阪バス「京橋」「中書島」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「京都南IC」から約4Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました