スポンサーリンク

伏見口の戦い激戦地跡

伏見口の戦い激戦地跡碑 京都
伏見口の戦い激戦地跡碑

旧幕府軍と新政府軍が戦った「鳥羽・伏見の戦い」における激戦地。

  • 慶応3年10月14日(1867年11月9日)、徳川慶喜が倒幕の動きを牽制するため大政奉還を行ったものの、その後薩摩藩による実質的なクーデター「王政復古の大号令」が起こるなど反徳川の流れは止められず一触即発の状態となった。
  • 慶応4年1月2日(1868年1月26日)、慶喜は薩摩藩討滅を朝廷へ訴えるため京都への進軍を開始した。
  • 慶応4年1月3日(1868年1月27日)夕刻、薩摩藩兵と旧幕府軍が鳥羽街道で接触し最初の戦闘が始まった。一方伏見でこの砲声を聞いた薩摩藩は御香宮より旧幕府軍の本陣が置かれた伏見奉行所を攻撃し伏見でも戦闘が始まった。
  • この戦闘により伏見奉行所は炎上、旧幕府軍が町を放火しながら撤退したため伏見の町は多大な被害を受けた。

施設データ

地図
住所:京都府京都市伏見区南浜町
伏見口の戦い激戦地跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・京阪「中書島」「伏見桃山」駅
・近鉄「桃山御陵前」駅
・JR「桃山」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました