スポンサーリンク

小松帯刀寓居・御花畑屋敷跡・薩長同盟所縁地

小松帯刀寓居跡 京都
小松帯刀寓居跡

幕末の薩摩藩家老であった小松帯刀(こまつ・たてわき)の寓居跡。薩長同盟締結の地とされる。

歴史・概略

  • 碑文
    「小松帯刀寓居跡」
    「近衛家別邸 御花畑御屋敷跡」
    「薩長同盟所縁之地」
  • ここには五摂家のひとつ近衛家の別邸である御花畑屋敷があり、幕末期薩摩藩の家老・小松帯刀がここを住まいとしていた。
  • 小松帯刀寓居は、これまで堀川一条の西側付近とされ、石碑も立てられていたが新たな資料の発見により、この場所であったことが確認、新たな石碑が建てられた。
  • 慶応2年1月21日(1866年3月7日)、長州藩桂小五郎や薩摩藩の西郷隆盛らが、坂本龍馬らの仲介によりこの屋敷内で薩長同盟を締結したとされる。
  • 慶応3年5月21日(1867年6月23日)、中岡慎太郎の仲介を受け、乾退助(後の板垣退助)ら土佐藩と、西郷吉之助(後の西郷隆盛)ら薩摩藩との間で、薩土密約(倒幕の際には土佐藩兵を率いて薩摩藩に合流する密約)が交わされた。

見どころ・おすすめ

  • この周辺は「応仁の乱」の関連史跡が多いので、それらを回るついでにでも行けばよいかと。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区森之木町
小松帯刀寓居・御花畑屋敷跡・薩長同盟所縁地

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「鞍馬口」駅から約0.1Km

【バス】
・京都バス「烏丸鞍馬口」バス停
・市バス「下総町」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約11Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました