スポンサーリンク

聚楽第南外濠跡

聚楽第南外濠跡 京都
聚楽第南外濠跡

豊臣秀吉が一時期本拠としていた京都・聚楽第(じゅらくてい・じゅらくだい)の跡。

歴史・概略

  • 築城:天正14年(1586年)
  • 廃城:文禄4年(1595年)
  • 築城主:豊臣秀吉
  • 構造:平城
  • 主な城主:豊臣秀吉・豊臣秀次
  • この場所は聚楽第の南側を東西方向に伸びていた外堀部分にあたり、石碑の場所から松林寺の境内に向かっての落ち込みが堀の跡とされる。
  • 聚楽第は関白に就任した秀吉がかつての平安京内裏跡に築城した邸宅跡で、完成後は大阪城より移ってここを本拠とした。関白職を甥の秀次に譲った後は秀次の城となったが、謀反の疑いをかけられて秀次は切腹に追い込まれ城は破却された。

見どころ・おすすめ

  • 現在、目に見える聚楽第の遺構はほとんど残っていないが、周辺には聚楽第跡や武家屋敷跡などがかなり広範囲に存在し石碑も立てられているので、これらを巡ってみるのがおすすめ。
  • 大名に関する名前が町名に残っている場所も多く、これらを辿るのも面白い。

施設データ

地図
住所:京都府京都市上京区浄福寺通出水下る東入る
聚楽第南外濠跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「二条」駅から約1.2Km
・地下鉄「二条」駅から約1.2Km

【バス】
・市バス「丸太町智恵光院」「千本出水」「千本丸太町」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました