スポンサーリンク

豊臣秀吉妙顕寺城跡

豊臣秀吉妙顕寺城跡碑 京都
豊臣秀吉妙顕寺城跡碑

京都府京都市にあった羽柴秀吉(豊臣秀吉)の屋敷跡。

  • 天正10年6月2日(1582年6月21日)に起った「本能寺の変」により織田家臣団の中で権力闘争が表面化、「山崎の合戦」では明智光秀に勝利し家臣団の中で存在感を増した秀吉は天正11年(1583年)4月、「賤ヶ岳の戦い」において柴田勝家を下した。これにより反秀吉派の勢いは小さくなり旧織田家臣は一部を除いてほぼ秀吉の下にまとまりつつあった。
  • 天正11年(1583年)9月、大阪城を築城し大阪を本拠と決めた秀吉が京都における拠点としてここに二条第と呼ばれる屋敷を新造した。屋敷を建てる以前この場所には妙顕寺と呼ばれる寺院があり、移転させた跡地に屋敷を建てたため妙顕寺城とも呼ばれる。
  • 普段は前田玄以が在城し政務を執り行い、秀吉上洛の際はここが宿所となった。
  • 天正14年(1586年)、関白となった秀吉は政庁として新たに聚楽第を新造しそちらに移ったため妙顕寺城は役目を終えた。
  • 屋敷は堀で囲まれ天守もあったと言われているが、作られてわずか数年で廃されていることから実態はほとんど分かっていない。

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区古城町
豊臣秀吉妙顕寺城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑・案内板
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「二条城前」駅から約0.2Km
・JR「二条」駅から約1.3Km

【バス】
・市バス「堀川御池」「二条城前」バス停
・京都バス「堀川御池」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約8Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました