スポンサーリンク

金閣寺

金閣寺 京都
金閣寺

北山文化を代表する建築で正式名称は北山鹿苑寺。臨済宗相国寺派の禅寺で金色に輝く舎利殿「金閣」があまりにも有名なため、一般的には金閣寺として知られる。

歴史・概略

  • 金閣は見た目の違う三つの層からなっており一層目が公家風の寝殿造、二層目が武家造、三層目が禅宗様仏殿造で屋根の上には鳳凰が乗っている。金閣寺の名の由来ともなっている金箔は2層目と3層目に貼られている。
  • 今では世界の人々を魅了していると言っても過言ではない金閣だが、もともとは室町幕府の足利三代将軍義満西園寺公経(さいおんじきんつね)の別荘であったこの地を山荘として造営したことに始まり、「北山殿」「北山第」などの名で呼ばれた。義満は外国からの使節もここで迎え、日明貿易を行うなど権勢を振るった。義満の死後は遺言によって禅寺となり、義満の法号である「鹿苑院殿」から鹿苑寺と名付けられた。
  • 元の建物は昭和25年に学僧の放火によって焼失、その後補助金や寄付金などによって再建された。
  • おもな出来事
    1224年 西園寺公経が西園寺を建立
    1397年 足利義満が山荘として造営
    1420年 禅寺となる
    1950年 放火により金閣焼失
    1955年 金閣再建
    1994年 世界遺産に登録

見どころ・おすすめ

  • 舎利殿(金閣)-昭和25年(1950年)焼失、昭和30年(1955年)に再建された鹿苑寺を代表する建物。
  • 方丈-延宝6年(1678年)。
  • 大書院-江戸中期(貞享年間)。
  • 陸舟の松-義満のお手植えと伝わる松の木。

施設データ

地図
住所:京都府京都市北区金閣寺町
金閣寺

周辺の史跡を探す
主な施設
舎利殿(金閣)・方丈・庫裏・不動堂・夕佳亭
利用時間
9:00 ~ 17:00
定休日
無休
料金
大人400円 小中学生300円
交通
【電車】
・京福電鉄「北野白梅町」駅から約1.5Km
・JR「円町」駅から約2.5Km

【バス】
・市バス「金閣寺道」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都南IC」から約11Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました