スポンサーリンク

山崎城跡

山崎城跡 京都
山崎城跡

京都府大山崎町の天王山にあった城。

京都と西国を結ぶ出入り口にあたる川と山に挟まれた山崎の地は、天然の要害となっており度々戦乱が起こる地域であった。
天正10年(1582年)、本能寺の変」で織田信長が討たれた後、羽柴秀吉明智光秀を破った「山崎の合戦」もこの地で行われた。その後戦いに勝利した秀吉は柴田勝家に備えるため山崎城を築城し居城とした。
しかしその後の大阪城の築城によって役目を終え、天正12年(1584年)廃城となった。

  • 築城:延元3年/暦応元年(1338年)より以前
  • 廃城:天正12年(1584年)
  • 築城主:林直弘
  • 構造:山城
  • 主な城主:林直弘・薬師寺国長・細川晴元・豊臣秀吉

施設データ

地図
住所:京都府乙訓郡大山崎町大山崎
山崎城跡

周辺の史跡を探す
主な施設
天守台・曲輪・土塁・空堀・井戸・食い違い虎口・石垣
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「山崎」駅
・阪急「大山崎」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました