スポンサーリンク

高陽院邸跡

高陽院邸跡 京跡・宮跡
高陽院邸跡

平安時代から鎌倉時代にかけての藤原氏の邸宅跡、および里内裏跡

歴史・概略

  • 高陽院(かやのいん)平安時代中期の関白・藤原頼通(ふじわら・よりみち/道長の長男)がおもな拠点とした屋敷である。ほかに「賀陽院」とも表記される。
  • 平安時代初期、この付近には桓武天皇の皇子・賀陽親王(かやしんのう)の邸宅があった。その後幾人かの所有者を経た後、この地を気に入った頼通保安元年(1021年)に寝殿造りの屋敷を造営した。敷地は2町四方(約250m四方)にも及ぶ広大なものであった。
    発掘調査では約140メートルという巨大な池の跡も発見されており、屋敷の豪華絢爛さが裏付けられている。
  • 頼道の引退後は里内裏となり、後冷泉天皇以後5代に渡って御所として使われた。
  • 鎌倉時代初期、後鳥羽上皇が譲位した後の院御所とした。
  • 貞応2年(1223年)、放火により焼失。この焼失を最後に再建されることはなかった。

見どころ・おすすめ

施設データ

地図
住所:京都府京都市中京区横鍛冶町

周辺の史跡を探す
主な施設
案内板のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「二条城前」駅から約0.8Km

【バス】
・市バス/京都バス「府庁前」「堀川丸太町」バス停
・西日本JRバス「府庁前」「堀川丸太町」バス停

【マイカー】
・名神高速道路「京都南IC」から約8Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました