スポンサーリンク

坂本龍馬 お龍「結婚式場」跡

坂本龍馬・お龍結婚式場跡碑 その他遺跡
坂本龍馬・お龍結婚式場跡碑

青蓮院塔頭のひとつ金蔵寺の跡。幕末期、坂本龍馬お龍の結婚式が行われた場所

歴史・概略

  • 青蓮院は平安時代末期に開かれた天台宗寺院で、最澄が比叡山の中に建立した青蓮坊をルーツとしている。元は三条白川にあったが、鎌倉時代に現在地である粟田口に移った。
  • 皇族や公家が住職を務める門跡寺院のひとつで、皇室とのつながりが深い。江戸時代には一時期、後桜町上皇が仮の仙洞御所としている。寺域は今よりも広く、この場所には塔頭のひとつであった金蔵寺があった。
  • 元治元年(1864年)、坂本龍馬楢崎龍が、金蔵寺本堂において祝言を挙げた。お龍の父・楢崎将作が、青蓮院の門主を務めた青蓮院宮(久邇宮朝彦親王)の侍医であったことから、この地が選ばれたのではないかと言われる。

見どころ・おすすめ

  • この場所は石碑のみとなっているので、東山あるいは岡崎あたりの散策ついでにでも寄ってみればよいかと。

施設データ

地図
住所:京都府京都市東山区五軒町
坂本龍馬 お龍「結婚式場」跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・地下鉄「東山」駅から約0.1Km
・京阪「三条」駅から約0.8Km

【バス】
・市バス「神宮道」バス停
・京阪バス「神宮道」バス停
・京都バス「東山三条」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約5Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました