スポンサーリンク

白河南殿跡

白河南殿跡 京跡・宮跡
白河南殿跡

平安時代後期、白河上皇によって使用された院御所跡。

  • 白河天皇は平安時代後期の第72代天皇で、まだ幼い堀河天皇鳥羽天皇を即位させ自身は白河院と称し後見として政務に携わる院政を始めた。院政はそれまでの摂関政治に代わる政治システムとして鎌倉時代が始まるまでおおよそ100年に渡って続いた。
  • 白河南殿の始まりは寛治4年(1090年)頃のことで白河天皇が建立した法勝寺別当・覚円の僧房を御所とし、白河泉殿または白河御所などと呼ばれた。
  • 永久3年(1115年)、白河泉殿を改築。
  • 元永元年(1118年)、北側に新たな御所を造営。新たに建てられた御所を北殿、元の御所は南殿や本御所などと呼ばれ、上皇は二つの御所を行き来しながら政務を執り行った。
  • 建物前には発掘調査により出土した雨落溝の石材が展示されている。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区聖護院蓮華蔵町
白河南殿跡

周辺の史跡を探す
主な施設
雨落溝石材
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・京阪「神宮丸太町」駅
・地下鉄「三条京阪」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました