スポンサーリンク

藤原宮跡

藤原宮跡京跡・宮跡
藤原宮跡

古代の都・藤原京の跡。なかでも都の中心的施設であった藤原宮があった場所

歴史・概略

  • 藤原京(ふじわらきょう)は、持統天皇8年(694年)から和銅3年(710年)にかけて使われた都である。
  • 都の規模は5.3km四方あり、これは後の平城京平安京をしのぐ大きさで、古代最大の都である。さらに、宮や道路、城壁などの都市整備がなされた日本で初めて都城制が敷かれた都となった。
  • 都の中心部には宮が置かれ、規模は約1Km四方、東西南北それぞれ3か所ずつ門が設けられていた。
  • 当時から藤原京と呼ばれていたわけではなく、あくまで都を区別するためにつけられた学術用語。「日本書紀」には「新益京」とあり、「あらましのみやこ」「あらましきょう」「しんやくのみやこ」「しんやくきょう」などの読みがあてられる。
  • 持統天皇4年(690年)に着工、4年後に飛鳥浄御原宮より遷都した。最近ではもっと早くに着工していたとも言われる。さらに、和銅元年(708年)には元明天皇から遷都の勅が出され、和銅3年(710年)に平城京へ遷都した。
    そして、和銅4年(711年)には宮が焼亡したとされているが、火事の痕跡は発見されていないらしい。
  • 日本のおもな首都
    592年 飛鳥京(奈良県・推古天皇)
    645年 難波京(大阪府・孝徳天皇)
    655年 飛鳥京(奈良県・斉明天皇)
    667年 大津京(滋賀県・天智天皇)
    672年 飛鳥京(奈良県・天武天皇)
    694年 藤原京(奈良県・持統天皇)
    710年 平城京(奈良県・元明天皇)
    740年 恭仁京(京都府・聖武天皇)
    744年 難波京(大阪府・聖武天皇)
    745年 紫香楽宮(滋賀県・聖武天皇)
    745年 平城京(奈良県・聖武天皇)
    784年 長岡京(京都府・桓武天皇)
    794年 平安京(京都府・桓武天皇)
    1180年 福原京(兵庫県・安徳天皇)
    1180年 平安京(京都府・安徳天皇)
    1869年 東京(東京都・明治天皇)

見どころ・おすすめ

  • 朝堂院南門跡・朝堂院東門跡・朝堂院西門跡-朝堂院の柱跡などが再現されている。
  • 橿原市立藤原京資料室-藤原宮の展示施設。
  • 季節ごとに公園内の花が植えられているので、春から秋にかけて様々な花々を楽しむことができる。

施設データ

地図
住所:奈良県橿原市醍醐町/高殿町

周辺の史跡を探す
主な施設
朝堂院南門跡・朝堂院東門跡・朝堂院西門跡・橿原市立藤原京資料室
利用時間
常時

【橿原市立藤原京資料室】
 9:00 ~ 17:00
定休日
無休

【橿原市立藤原京資料室】
 月曜(祝日の場合、翌日)・年末年始
料金
無料
交通
【電車】
・近鉄電車「畝傍御陵前」駅から約1.5Km
・JR「畝傍」駅から約2Km

【バス】
・コミュニティバス「橿原市藤原京資料室前」バス停

【マイカー】
・南阪奈道路「葛城IC」から約8Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました