スポンサーリンク

飛鳥宮跡(岡本宮・板蓋宮・浄御原宮)

飛鳥宮跡 京跡・宮跡
飛鳥宮跡

奈良県高市郡明日香村にある飛鳥時代の宮跡。

歴史・概略

  • 飛鳥宮(あすかのみや)跡は、6世紀末から7世紀末にかけて営まれた宮跡。その間、連続して使用されたわけではなく、造営されてはたびたび遷宮を繰り返し、断続的に使用された。
  • 痕跡は大きく次の3つの時期に分類されている。
    【1】岡本宮(おかもとのみや/舒明天皇
    【2】飛鳥板蓋宮(いたぶきのみや/皇極天皇
    【3】岡本宮(斉明天皇)・飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや/天武天皇持統天皇
  • 舒明天皇2年(630年)、舒明天皇によって小墾田宮(おはりだのみや)から岡本宮に遷宮。
  • 舒明天皇8年(636年)、岡本宮が焼失。田中宮に遷宮。
  • 皇極天皇2年(643年)、皇極天皇によって小墾田宮から板蓋宮に遷宮。
  • 皇極天皇4年6月12日(645年7月10日)、古代史最大のクーデターと言われる「乙巳の変(いっしのへん)」が起こる。
    板蓋宮で行われた儀式において、中臣鎌足(藤原鎌足中大兄皇子(天智天皇らが、大臣である蘇我入鹿を襲撃し暗殺した。翌日には、入鹿の父・蘇我蝦夷も討たれ蘇我本宗家が滅亡。
  • 蘇我入鹿首塚

    「乙巳の変」により暗殺された蘇我入鹿首塚(奈良県高市郡明日香村)

  • 孝徳天皇元年6月14日(645年7月12日)、皇極天皇が譲位。これが歴史上初めての譲位とされる。後には弟の軽皇子(かるのみこ・孝徳天皇が即位。
  • 大化元年6月19日(645年7月17日)、孝徳天皇が史上初の元号となる「大化」を制定。
  • 大化元年12月9日(646年1月1日)、孝徳天皇難波長柄豊碕(なにわながらとよさきのみや)に遷都。
  • 斉明天皇元年1月3日(655年2月14日)、皇極上皇が板蓋宮において史上初となる重祚(ちょうそ)を行い、斉明天皇として即位した。
  • 斉明天皇元年(655年)、板蓋宮が焼失。川原宮に遷宮。
  • 斉明天皇2年(656年)、斉明天皇が岡本宮に遷宮。
  • 斉明天皇6年(660年)、斉明天皇が百済救済のため出兵を決断、岡本宮を離れた。難波宮を経て九州に宮を遷し、翌年崩御。
  • 天武天皇元年(672年)、「壬申の乱(じんしんのらん)」。
    戦いに勝利した大海人皇子(天武天皇)が天智系の都であった大津京から都を遷すべく、飛鳥浄御原宮を造営。
  • 天武天皇2年(673年)、天武天皇即位。
  • 朱鳥元年(686年)、天武天皇崩御。
  • 持統天皇4年(690年)、持統天皇即位。
  • 持統天皇8年(694年)、持統天皇によって藤原京に遷都。

【日本のおもな首都】

遷都年みやこ所在地遷都時の天皇
593年(崇峻天皇5年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県推古天皇
645年(大化元年)難波京(なにわきょう)大阪府孝徳天皇
655年(斉明天皇元年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県斉明天皇
667年(天智天皇6年)大津京(おおつきょう)滋賀県天智天皇
672年(天武天皇元年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県天武天皇
694年(持統天皇8年)藤原京(ふじわらきょう)奈良県持統天皇
710年(和銅3年)平城京(へいじょうきょう)奈良県文武天皇
740年(天平12年)恭仁京(くにきょう)京都府聖武天皇
744年(天平16年)難波京(なにわきょう)大坂府聖武天皇
745年(天平17年)紫香楽宮(しがらきのみや)滋賀県聖武天皇
745年(天平17年)平城京(へいじょうきょう)滋賀県聖武天皇
784年(延暦3年)長岡京(ながおかきょう)京都府桓武天皇
794年(延暦13年)平安京(へいあんきょう)京都府桓武天皇
1180年(治承4年)福原京(ふくはらきょう)兵庫県安徳天皇
1180年(治承4年)平安京(へいあんきょう)京都府安徳天皇
1869年(慶応4年)東京(とうきょう)東京都明治天皇

平城京大極殿

平城京大極殿(奈良県奈良市)

見どころ・おすすめ

  • 周辺には飛鳥京跡苑池遺跡・飛鳥池工房遺跡・酒船石遺跡・川原寺跡など、飛鳥宮を構成する遺跡群が多数存在している。

施設データ

地図
住所:奈良県高市郡明日香村岡

周辺の史跡を探す
主な施設
石敷広場・大井戸跡
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・近鉄電車「岡寺」駅から約3Km

【バス】
・奈良交通バス「岡天理教前」「岡戎前」バス停

【マイカー】
・南阪奈道路「葛城IC」から約13Km
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました