スポンサーリンク

一乗谷朝倉氏遺跡

一乗谷城 古戦場
一乗谷城

福井県福井市にあった城。越前を支配していた戦国大名・朝倉氏の居城として知られる。

歴史・概略

  • 築城:南北朝時代
  • 廃城:天正3年(1575年)
  • 築城主:朝倉氏
  • 構造:山城
  • 主な城主:朝倉氏・桂田長俊
  • 日本100名城
  • 一乗谷と呼ばれる狭い一角、一乗谷城を中心に武家屋敷や商人の町が広がっていたという。朝倉氏7代目当主の孝景から一乗谷に居を移したとされるが、南北朝の頃には朝倉氏が一乗谷に本拠を構えていたと考えられる。
  • 戦国時代末期、「永禄の変」で将軍足利義輝が暗殺され、弟の足利義秋(後の義昭)が将軍を継ぐため越前を頼った。11代目当主の朝倉義景は、義昭を招き入れ元服式などを行っている。
    しかし、義景は上洛を行わなかったため、義昭は越前を出て織田信長を頼った。
  • その後、上洛を果たした信長義景の関係は悪化し、近江の浅井長政とともに織田信長包囲網を築き信長を追い込んだ。しかし、次第に劣勢となり信長軍の侵攻を受け逃亡、一旦は逃げ伸びた義景ではあったが、味方の裏切りによって亡くなった。

施設データ

地図
住所:福井県福井市城戸ノ内町
一乗谷朝倉氏遺跡

周辺の史跡を探す
主な施設
義景館跡・復原町並・平面復原地区・中の御殿跡・諏訪館跡庭園・湯殿跡庭園・南陽寺跡庭園
利用時間
【復原町並】
 9:00 ~ 17:00
定休日
【復原町並】
 年末年始
料金
【復原町並】
 210円
交通
【電車】
・JR「一乗谷」駅

【バス】
・京福バス「武家屋敷前」バス停

【マイカー】
・北陸自動車道「福井IC」から約7Km
・駐車場あり

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました