スポンサーリンク

鞍馬寺

鞍馬寺 京都
鞍馬寺

京都府京都市にある鞍馬弘教の総本山。

歴史・概略

  • 宝亀元年(770年)、鑑真和上の高弟・鑑禎上人が毘沙門天を安置したことに始まったとされ、『鞍馬天狗』と源義経が修行をした寺として知られる。
  • 牛若丸(義経)が生まれて間もない平治元年12月(1160年)、「保元の乱」後の待遇を巡って対立した平氏の頭領・清盛と源氏の頭領・義朝の間に「平治の乱」が起こる。戦いに敗れた義朝は逃げる途中で殺害され、頼朝や牛若丸など兄弟の命は助かったものの、頼朝は伊豆に流されるなど一族はバラバラになった。やがて7歳になった牛若丸は鞍馬寺へ預けられ10年近くを過ごすが、僧になることを拒否して鞍馬寺を飛び出し、奥州の藤原氏を頼って平泉へと下った。

見どころ・おすすめ

  • 霊宝殿-寺の宝物の展示。
  • 東光坊跡-義経が住んでいた場所と伝わる。
  • 息つぎの水-義経が修行の際、水を飲んだ場所と伝わる。
  • 背比べ石-奥州に向かう牛若丸が背比べをした石と伝わる。

施設データ

地図
住所:京都府京都市左京区鞍馬本町
鞍馬寺

周辺の史跡を探す
主な施設
仁王門・由岐神社・多宝塔・転法輪堂・寝殿・本殿金堂・本坊・霊宝殿(鞍馬山博物館)・大杉権現社・不動堂・義経堂・魔王殿・ケーブルカー
利用時間
9:00 ~ 16:30
霊宝殿 9:00 ~ 16:00
定休日
霊宝殿 月曜日・12月12日~2月末日
料金
愛山費 300円
霊宝殿 大人200円 中学生以下100円
ケーブルカー 片道100円
交通
【電車】
・叡山電鉄「鞍馬」駅から約0.2Km

【バス】
・市バス「鞍馬」バス停

【マイカー】
・名神高速「京都東IC」から約20Km

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました