スポンサーリンク

高浜砲台跡

高浜砲台跡 古戦場

江戸幕府末期、外国勢力あるいは倒幕勢力から京都を守るため築かれた砲台跡で、京都の入口にあたる高浜と淀川対岸の樟葉に設置された。

  • 慶応4年1月3日(1868年1月27日)に発生した「鳥羽伏見の戦い」では、旧幕府軍は新政府軍との戦闘に敗れ樟葉砲台まで退却した。1月6日、高浜砲台を守っていたはずの藤堂藩は新政府軍側につき、旧幕府軍がいる樟葉砲台に向かって砲火を浴びせた。突然の砲撃にあわてた旧幕府軍は樟葉砲台から応戦したものの撤退することとなった。

施設データ

地図
住所:大阪府三島郡島本町高浜
高浜砲台跡

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「島本」駅
・阪急「水無瀬」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました