スポンサーリンク

朝堂院公園

朝堂院公園 京跡・宮跡
朝堂院公園

長岡京にあった施設・朝堂院の跡。

歴史・概略

  • 長岡京(ながおかきょう)延暦3年(784年)から延暦13年(794年)にかけて営まれた古代の都。現在の京都府向日市・長岡京市付近にあたる。
  • この場所には長岡京の時代、都の中枢ともいえる朝堂院(ちょうどういん)と呼ばれる施設があり、国の政務をこの場所で執り行っていた。
  • 長岡宮の朝堂院は全部で8堂あり、東側に4堂、西側に4堂それぞれ並んで建っていた。朝堂院の北側には天皇の御座のある大極殿、南側には翔鸞楼(しょうらんろう)と栖鳳楼(せいほうろう)という二つの楼閣が東西に並んで建っていた。公園内にはその一部である西第四堂跡と翔鸞楼(しょうらんろう)跡が残っている。翔鸞楼と朝堂院の南門へと続く回廊の柱跡には石を置いて柱に見立てて再現してあり、当時の建物の様子がとてもつかみやすくなっている。

【日本のおもな首都】

遷都年みやこ所在地遷都時の天皇
593年(崇峻天皇5年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県推古天皇
645年(大化元年)難波京(なにわきょう)大阪府孝徳天皇
655年(斉明天皇元年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県斉明天皇
667年(天智天皇6年)大津京(おおつきょう)滋賀県天智天皇
672年(天武天皇元年)飛鳥京(あすかきょう)奈良県天武天皇
694年(持統天皇8年)藤原京(ふじわらきょう)奈良県持統天皇
710年(和銅3年)平城京(へいじょうきょう)奈良県文武天皇
740年(天平12年)恭仁京(くにきょう)京都府聖武天皇
744年(天平16年)難波京(なにわきょう)大坂府聖武天皇
745年(天平17年)紫香楽宮(しがらきのみや)滋賀県聖武天皇
745年(天平17年)平城京(へいじょうきょう)滋賀県聖武天皇
784年(延暦3年)長岡京(ながおかきょう)京都府桓武天皇
794年(延暦13年)平安京(へいあんきょう)京都府桓武天皇
1180年(治承4年)福原京(ふくはらきょう)兵庫県安徳天皇
1180年(治承4年)平安京(へいあんきょう)京都府安徳天皇
1869年(慶応4年)東京(とうきょう)東京都明治天皇

平城京大極殿

平城京大極殿(奈良県奈良市)

施設データ

地図
住所:京都府向日市鶏冠井町山畑

周辺の史跡を探す
主な施設
案内所
利用時間
公園内は常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・阪急電車「西向日」駅

【バス】
・向日市コミュニティ「勝山中学校前」バス停
・阪急バス「向日町郵便局前」バス停
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました