スポンサーリンク

高崎城址

高崎城乾櫓 城跡
高崎城乾櫓

群馬県高崎市にあった城。江戸時代の高崎藩藩庁。
徳川四天王のひとり井伊直政の城として知られる。

  • 築城:平安時代末期
  • 廃城:明治4年(1871年)
  • 築城主:和田義信か
  • 構造:梯郭連郭複合式・平城
  • 主な城主:井伊直政・松平康長など
  • 平安時代末期、和田義信により築城されたと伝わる
  • 天正18年(1590年)、豊臣秀吉の「小田原攻め」で前田利家上杉景勝ら北方軍に攻め落とされ廃城
  • 慶長2年(1597年)、井伊直政により和田城跡地に築城開始
  • 慶長3年(1598年)、直政が箕輪城から居城を移し「高崎」と名付けた
  • 慶長5年(1600年)、関ケ原の戦い」により直政が佐和山へ移封
  • 寛永10年(1634年)、高崎城に蟄居させられていた徳川家光の弟・忠長が自刃

施設データ

地図
住所:群馬県高崎市高松町
高崎城址

周辺の史跡を探す
主な施設
土塁・水堀・乾櫓・東門(移築)
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
・JR「高崎」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました