スポンサーリンク

長岡京発見之地

長岡京発見之地 京跡・宮跡
長岡京発見之地

幻の都と言われた長岡京の存在を証明した中山修一氏が、長岡京発見に至るきっかけとなった場所

歴史・概略

  • 長岡京(ながおかきょう)は、延暦3年(784年)から延暦13年(794年)にかけての都。現在の京都府向日市、長岡京市にあたる。
  • 平安京(現在の京都市街)に遷都するまでの約10年間というごく短い期間の都であったため、長らく文献の中だけにありその存在は証明されていなかった。当時、ここに住んでいた中山氏は、この辺りの田んぼの様子から都の道路区画があったのではないかとひらめき、それが長岡京の発見につながったとされる。
  • 日本のおもな首都
    592年 飛鳥京(奈良県・推古天皇)
    645年 難波京(大阪府・孝徳天皇)
    655年 飛鳥京(奈良県・斉明天皇)
    667年 大津京(滋賀県・天智天皇)
    672年 飛鳥京(奈良県・天武天皇)
    694年 藤原京(奈良県・持統天皇)
    710年 平城京(奈良県・元明天皇)
    740年 恭仁京(京都府・聖武天皇)
    744年 難波京(大阪府・聖武天皇)
    745年 紫香楽宮(滋賀県・聖武天皇)
    745年 平城京(奈良県・聖武天皇)
    784年 長岡京(京都府・桓武天皇)
    794年 平安京(京都府・桓武天皇)
    1180年 福原京(兵庫県・安徳天皇)
    1180年 平安京(京都府・安徳天皇)
    1869年 東京(東京都・明治天皇)

施設データ

地図
住所:京都府長岡京市開田
長岡京発見之地

周辺の史跡を探す
主な施設
石碑のみ
利用時間
常時
定休日
無休
料金
無料
交通
【電車】
・JR「長岡京」駅

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました